昨夏、新しいマンションへ転居してからも、当然のように従来から利用しているケーブルテレビのネット回線を利用していた。
だが、利用し始めてから段々と通信が切断されることに気付いた。

初めはリビングのテレビだった。
Apple TV で動画を視聴していると固まる、と妻に言われた。
それに、リビングで LINE 電話をしていると途切れたりもすると、、、
そう言えば、自分も iMac を使っている時によく固まっていた?

ケーブルモデムは目につかない机下の床に直接置いていたが、気になって目に見える位置に置いてみた。
すると、一目瞭然、通信ランプが頻繁に消灯していた!?

何だ?

それに、通信が切断されると、電話まで使用できない状態になっていた。
電話は別モデムで動作している。
ケーブルモデムだけであればそのモデムの問題だと思うが、別部屋の電話モデムまで切断されるのであればこの居室全体の話であり、多分マンション設備の分配器の問題だろうと自己判断した。
当然、ケーブルテレビ会社に連絡をしたが、後日調査に来られて通信電波が安定しておらず乱れているとのこと。
案の定、マンション設備の分配器の問題なので、後日対応させていただきますとなった。

でもね、分配器の問題であるだろうと自分で見立てた時に、電話も使えない状況に嫌気が差して既にドコモ光に乗り換えようと決めて申し込みを済ませていたのだ。

自分たちはドコモユーザーであるため、ドコモのサービスで構成した方がトータルでランニングコストも安くなるはず?
であれば、仕事で使用しているポケット Wi-Fi も解約してしまって、データ量無制限の 5G ギガホプレミアへ通信サービスをアップグレードし、テザリングを仕事で利用をすればトータル的にかなりお得になるはずと思い、師走にネットワーク環境を刷新した。

サービスプロバイダは GMO とくとく BB にしたので、ルーターも無料だし、ケーブルテレビの解約料も負担してくれる。

昨年の師走に刷新したのだが、もう通信が固まることとは無縁な生活環境となった。
それに、ケーブルテレビでの通信速度に不満はなかったのだが、ドコモ光はケーブルテレビのそれよりネットワークスピードがかなり早い。
特に、アップロードスピードが桁違いで驚くほど早くなった♪

「選択と集中」かな?(笑)

Hits: 25