e 燃費」というアプリを使っている。
燃費の記録として使い始めたけど、カーライフマネージャーという機能もあって、オイル交換など色んな消耗品類も管理できる。
で、先日プラグを交換してくれと表示された。

プラグなんて、今の時代はほとんど交換しないのでは?と思っていた。
それに、12 ヶ月点検の時に何も言われたりしていなかった。
そもそも、アプリの交換サイクルの設定がおかしいのだろうと調べ始めたら、、、

交換した方が良さげだった。

ノンターボのエブリイバン( DA17V )では、NGK の LMAR7CI-8 というプラグが付いている。
ターボ車の場合は、LMAR7A8 。
片貴金属タイプと両貴金属タイプの違いだった。
で、高寿命なのは両貴金属タイプ。
自分のエブリイバンは片貴金属タイプ。

で、交換時期は?

マニュアルやメンテナンスノートを見てもよく分からない記述だった。
ググってみたところ、本家本元の下記のサイトに明記してあった。

「交換時期、誤解していませんか?|NGKスパークプラグ製品サイト」

https://www.ngk-sparkplugs.jp/ngk/pickup/replace_time/

本家本元が言うには、軽自動車の場合は一万キロで交換だと言う。
普通車は二万キロ。
その違いは、エンジンへの負荷なのだろうね?
普通車よりも、軽自動車はエンジンを高回転で使う頻度が多いからかな。

既に三万五千キロを超えてしまっていたので、早速今日、オイル交換のついでに一緒に交換してもらった。

え〜、かなりお高い結果です!?(汗)
パーツ(プラグ 3 本)代と作業工賃を合わせて、かなりのコストになった。
オイル交換やフィルター交換はメンテナンスパック加入で半額とかになるけど、プラグ交換は対象ではない。
良いお勉強になりました。。。

今後は、プラグ交換は自分でやることにした。
アフターマーケット用の両貴金属タイプに変えることも視野に入れよう。
素人の自分が、一万キロ毎にプラグホールを弄ることは少しリスクもあるからね♪

Hits: 15