少し侮っていた。
東京方面でもないし、湘南方面でもないから渋滞はないだろうと。。。

午前中の納品先は、いつもの厚木。
だから、そんな風に考えていたのだが、ナビがいつもとは異なるルートを案内し始めた。

保土ヶ谷バイパスから 246 号線のルートではなく、旧厚木街道を抜けるルートを行けと。
なるほど、保土ヶ谷バイパスは東名へ向かうクルマで渋滞、246 号線も海へ下るクルマで渋滞なのだろう?
そう思い素直に従ったが、どっちに行っても渋滞だった!?

通常より一時間近く多く掛かってしまった。
午後の運行も入れていたので間に合うか気掛かりだったが、お昼ごはんを摂る時間を確保できる余裕があったので救われたけど。

午後はソファ運搬のご依頼だった。
相模原から埼玉まで。

出すのも至難の技で、荷室に入れるの至難の技。(汗)
搬入先では、玄関から入らずベランダから入れた。
一階だったのでなんとか救われたけど。

でも、なんかホンワカする仕事だった。
若い女性がご依頼主だったのだが、彼氏さん?も搬出/搬入を手伝ってくれた。
そう、二人で新たな生活を始めるための引越し荷物だった♪

若いって素敵だなぁー!!

そして、夕方からは送迎ドライバー業務があるのでトンボ帰り。
またもや、時間的にギリギリだった!?
環八から第三京浜のルートをチョイスしたのだが、環八が渋滞していた。
何故?

行きは上下ともガラ空きの状態だったので、このルートを選んだ。
で、瀬田に差し掛かって分かった。
246 号線へ分岐する瀬田の交差点で事故処理をしていたのだ。(泣)

時間短縮のため第三京浜のみならず、横浜新道、横横道路と、過剰に経費を発生させることになってしまった。
要は時間をお金で買ったということだね。

でも、難しいな。
時間の繋ぎ方、点と点を結ぶことに注力すれば、結構綱渡りの状況にも陥る。
そんなリスクをヘッジした仕事の獲り方をすれば、点と点が繋がらず時間が空いてしまう。

もっと上手く立ち回りたいのだが、、、

Hits: 24