口座からの引落し通知が来た。
そこそこの金額で何だこれは!?と焦って調べれば、会計ソフトの年会費だった。
結構な金額だな。。。(泣)

自分が使用している会計ソフトは「 Freee 」。

フリーランサーを支援するコンセプトに好感を感じ、開業届も 「 Freee 」で作成をした。

最初は一番安価プランを使用していたけど、電子帳簿保存法対応でペーパーレスにしたいと思い上位プランにアップグレードしていたのだ。
領収書などの紙を全て電子データ化して保存する。
その保存方法が、安価なプランだと月 5 枚までしかアップロードできなかったのだ。
だからアップグレードした。

ファイルボックス 」という機能を利用しているのだが、改めて調べれば今現在はそのファイルボックスを使用せずとも保存ができるらしい。
ただ、ファイル検索要件、変更・削除履歴の要件があり、それを満たせればとなる。
であれば、既に電子帳簿保存法要件を満たしている「ファイルボックス」を使い続けることが順当だし、かなりの量を既に格納してしまっている。

とは言え、安価なランニングコストの方が有難いので、「弥生」と言う会計ソフトに登録してみた。
年間で三分の一のコストになるし、初年度は無料で使える。
今年一月から併用し始めて、良かったら来年から乗り換えるストーリー。

だけどね、早くも挫折感が漂い始めている。。。

データ移行が煩雑なのと、「弥生」の UI がどうにも好きになれないでいる。
初期の VB(VisualBasic) で作成されたような画面構成なのだ。
それに、各種金融機関との連携もワンクリックで済まない煩雑さ。

マネーフォワードなど他の会計ソフトも調べたけど、なんかこのまま「 Freee 」を使い続け、使い倒した方が一番賢い選択のように思えてきた。

ちょっと悩ましいです、、、

Hits: 18